9/28やぎ座上弦の月と冥王星の逆行終了

いつもご購読ありがとうございます♡

クリエイティブ占星術、Hirokoです。



9/28

月はやぎ座の領域で上弦の月を迎えます。

上弦の月といえば、

調整・バランス

それがやぎ座の領域で起こってくるので

社会的な分野に関しての

葛藤が起こりやすくなる。



また、土星の支配下にあるやぎ座は

頑固だし、厳しいし、忍耐強い。


私は太陽星座やぎ座なので

一人でいるときは割とぼーっとしていることが多いのですが

外に出ていくと、ストイックな印象があるらしく

そのギャップに自分自身が戸惑ったことがあります(笑)



これって、自分では全くストイックと思ってないし

むしろ「もっとやんなきゃいけないんじゃない?!」と

思うほどですが

ほかの人はそうでもないらしく

こういうほかの人からの指摘で

自分はストイックなのか~と

思わされたほどです(笑)


やぎ座って、こんな感じの(?)

真面目な側面があります。

「こうときめたら、とことんやる」

それがやぎ座。



そして、

現在もう一つの天体がやぎ座に滞在しています。

それが、破壊と再生の星・冥王星です。



土星以降の天体

土星・天王星・海王星・冥王星は

その時代を表すと言われていて

冥王星に関しては、

約248年かけて一周します。

ちなみに地球は、365日で太陽を一周します。


そして、今年の4/20から/9/28の間、

冥王星が逆行していて、

(地球からみて逆行しているように見える現象)

28日のやぎ座上弦の月の翌日に

冥王星の逆行が終了します。


もしかしたらこの期間に、浮気がばれた・もしくは浮気に走った

という方もいらっしゃるかもしれません。


これは、今年、拡大を表す木星にてんびん座があったことから

パートナーシップや協力関係に

冥王星の逆行は大いに影響を与えていたのですが

意味するところは

パートナーシップの見直し


やぎ座は特に社会的な自立を促す意味もあります。


逆行とは、その期間に見直しが起こる

ある意味自分の力ではどうしようもないハリケーンのような

破壊が起こるので

バレたくないことは明るみにでます。


会社の不正

夫婦間の不貞

パートナーシップの見直し



しかも、はじめの方でもお伝えした

やぎ座の特徴・ストイックに冥王星の破壊力で

不貞なんか見つけたら

相手の息の根を止めるまでやりつくす

影響が出てしまいます。



その結果、すべてを失った方も

いらっしゃるかもしれません・・・。



私自身もこの期間はすべてを失うかもしれない

恐怖で、激やせしました(笑)



しかし、

それによって真実が見えてきたんですよ。


この関係、ほんとは無理してたよなって。


見て見ぬふりして

ほんとはいろいろ言いたかったんだよなって



私ほんとはどうしたい?

どうなりたい?

今あるすべての関係が消えてなくなっても、

私は未練はないのか?


その自問自答をしたときに、

堪えは「No」

だったんですよね。


誰かのためをおもって やってきたこと

さいた時間を返してほしい


だったんですよ。

これは、愛じゃない。

愛から起こった行動なら、なんの未練も執着もない


それなら、

すべてが消えてなくなったって

「Yes」といえる状態でいよう。


それが、私にとっての

冥王星逆行の期間だったと感じてます。


これって、

イメージで言うと

ジャンプするときのしゃがむ助走の感覚。



一見最悪のことのようだけど

物事には必ず裏表があって

悪いことの恩恵も必ずある。



この時私は、

真っ暗闇の中で一筋の光を見たのでした。



これから10/20の

てんびん座新月で、パートナーシップの革命が起こります。


今までのパートナーシップの概念を根底から覆す

時代の流れ。

この時期に出会った異性とは、

衝動的に惹かれあうかもしれませんが

家族の反対があり苦難があるかも。


ただ、静かに ひたすらに

私は私だと認め、

認めたくないとこすら許し

世界という大海原へと一歩足を進める。





torche 月と太陽のしずく

クリエーター清水ひろこのオフィシャルサイト。クリエイティブ占星術をはじめ アクセサリーの制作、販売を承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000