12/15 うお座上弦の月~魂の還る場所を求めて~


12月15日

うお座のエリアで上弦の月を迎えます。


上弦の月は、満月に向っていくときの半月。

「公」を表す太陽と、「私」を表す月がスクエアという相反する角度になる状態のこと。

調整を表すこの月と太陽の位置は、私たちの心に葛藤というかたちで何かを訴えかけてくるかもしれますせん。



その心は、「魂の還る場所を求めて満たされたい、だけど、自由にできない」

そんな葛藤があるかもしれません。

魂の還る場所を求めて という言葉は、完全にインスピレーションで、そのあとホロスコープを見ながら紐解いていったのは落ち着きたい心でした。


それは、満たされたい心でもあるし、癒されたいとか、安らぎというキーワードにもつながります。とにかく、私たちは日常の雑事に追われ過ぎてどこか逃避行したいような気持が湧いているのは確かなようです。



今日は、とにかく「私」を満たしましょう。

「私」が、何を求めているのか?本当の気持ちに、耳を傾けてみましょう♪


あなたにしかできない、「私」を満たすという大切な時間です♡

時間をできるだけとってみましょう!




今日のエンジェルの導き


あなたは、天使や神の言葉を聞くときに、

耳を傾けることが実際に聞き耳を立てることだと思っていたとしたら

違うことに集中しすぎて疲れてしまうかもしれません。



エンジェルや神との通信は、あなたのハートと繋がることから始まります。

あなたの心がときめいているとき、それはエンジェルからのささやきであり

あなたの心がモヤモヤしているとき、それはエンジェルからの警告であることがあります。



あなたが思っている以上に、エンジェルはあなたに語り掛け、そしていつもつながっているのです。



今日もあなたは守り導かれています。




月と太陽のしずく 公式サイト

クリエーター清水ひろこのオフィシャルサイト。クリエイティブ占星術をはじめ アクセサリーの制作、販売を承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000