どうやったら自信がつくのか?自分の金星星座を活かす

こんにちは

クリエイティブ占星術、Hirokoです。


朝晩、めっきり寒くなってきました。


さそり座木星時代までに、

何を準備したらいいんだろう?

なにが皆さんが求めてるのかな?

と思い、

「自信がない」

とセッションでもよく聞くので、

金星星座のことがいいかも♪

ということでまとめてみました。



木星がさそり座に入るのが10/10



ここで私たちは更なる変化を迎えます。
さそり座木星に関する記事はこちら

秋分まで、私たちは
人間関係の整理、ものの整理が
進み、
9/20のおとめ座新月から
また次のステージに行くための
扉が開きます。


現段階では、
スタートラインに立てているか?
その確認が
各々で起こっている感じです。


そこで、冒頭でもお話しした
スタートラインに立てていないかもしれない
自信がなくて、『これだ』
というものに
まだ出会えていない
という方に、役に立てばいいなと思う
ツールをお伝えします。


それは、あなたの金星星座を活かすということ。


もちろん、金星星座は
その人全体の一部でしかありませんが、

金星は主に自尊心を養う

ことについての側面を現します。


詳しくは
●社会的な状況で、あなたが自信や信用をつける・もしくは損なうパターンについて示す

●あなたの存在価値と自尊心を高めるための近道やカギとなるポイントを示す


ほかにも

愛情表現のうけとりかたやセックスの特徴も表します。

金運や恋愛関係のお悩みもこの金星星座を見ます。



今回は、

9/20から始まる新しいステージに

自分をフル発揮するためにご自身の金星星座を

チェックして、

参考にされてくださいね♪



まずは、

ご自身の金星星座をチェック

※ハウスの欄は、プラシーダスを選んでください。



金星が牡羊座にある人

あなたは自己主張が明確に出る人です。

「私は~」

とか、

「私だったら~」という、主語が多い。

けれども、あまりに自己主張をし過ぎると、

周りから配慮の浅い人として「強引な人」というレッテルを

知らないうちにはられてしまうかもしれません。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたは、生まれ持ってリーダーの素質があります。

日との立場に立ち、共感することによって

あなたは自信をもてるようになります。

人への思いやりや勇気づけによって、自分の存在感がゆるぎないものに変わっていきます♪




金星が牡牛座にある人

あなたにとって、自分を取り巻く環境の快適さは

どうしても譲れない要素です。

けれども、人付き合いの中でもそれにこだわり

周りの協力を要求してまうと、

他人の持ち物まで取り上げてしまうことがあるかもしれませんので要注意。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

牡牛座は、財産を築く能力があります。

あなたの持つ2つの財産、

●自分が所有する財産

●財産を無から有に作り出す能力

を、人と分かち合い、能力をシェアすることで

人と人の間に快適さが生まれ、自分に自信がつきます♪




金星がふたご座にある人

あなたは頭の回転がとても速い人です。

(しゃべるのも早い)

でも、人との会話のなかで

あなたの「頭の良さ」をアピールしすぎると

気さくなコミュニケーションの長所が

曇ってしまうので、要注意。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたが生まれ持ったふたご座特有の

絶妙な会話術は、人々の会話をいつでも明るく彩ることができます。

他人の意見をさらに大きな視点でとらえ直してみせてあげると、

その人の悩みや負担を軽くしてあげることにつながり、

相手を元気にしてあげることがあなたの自信と喜びににつながるでしょう♪



金星がかに座にある人

あなたは繊細なひとです。

「あんまり人と付き合いたくない・・・」

となりがちです。

人々と付き合う中で、自分が傷つきたくないからといって

自分の殻に閉じこもっていると、

いつまでたっても自尊心を身につけることはできません。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたがもって生まれた繊細な感受性を

他人のために使っていくと、

周りの状況が見えてきます。そこで、

あなたの愛情で人を包んであげるように

接することで、周りの人を癒す能力があります。

そこを少しずつひとにしてあげることで、

あなたは自信がついていき、まわりに振り回されることが少なくなります♪



金星がしし座にある人

あなたは人付き合いの中で、

いつでも他人の承認を求める傾向があります。

「私をほめて!」

というやつです。

これどもこれが高じると、他人に否定されるのではないかという

恐れに囚われ、本来のあなたらしい

太陽のような明るさが影をひそめてしまうかもしれません。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

相手の反応を考えずにのびのび語ると、

あなたの得意とするドラマチックな話術が光り、

人をひきつけます。

それに少しずつ磨きをかけることで

揺るがない特技ができて、あなたは自信を感じられるようになります。





金星がおとめ座にある人

あなたは”物事はこうあるべきだ”

という厳格な基準を持っていて

自分や周りが間違った方向に行くことを

ひどく恐れます。

(大きい視点で見ると間違いとかないんだけど、

おとめ座特有の基準がある)


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたは生まれついての奉仕家です。

あなたの使命感は、12星座1です。

人々のためにプラスになる行動をとると、

人と絆を結ぶ満足感を得られて

その経験が地震につながります♪




金星がてんびん座にある人

あなたは人と接するときに、その場が気まずくなることを

非常に嫌う傾向があります。

そのため、自分を変えてでも周りの調和を図ろうとしてしまうことがあります。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

「人前ではいつもいい顔をしなければいけない」

という固定観念を捨てることができたら

あなたはもっと自由に「自分」を発信し、

作り上げた自分ではなく

ナチュラルな自分でいられるようになります。

その分量が一日のうちで長くなれば長くなるほど

あなたの自尊心は高くなっていきます。






金星がさそり座にある人

あなたは人間関係において、自分の地位や影響力を

高めることにこだわると、

あなたにしか見いだせない「人々の隠された能力を発掘する」

という能力が生かせません。

また、それに気づいても自信のない状態では

相手の能力を自分の望みを叶えるために利用してしまう癖があるかもしれません。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたが、「本人すら気づいていない能力や強み」を

相手のために伝えてあげることで

相手が自分の良さに気づき、成長していきます。

そういった道筋を示してあげることであなたの自尊心は高まっていきます。




金星がいて座にある人

あなたは人間関係の中で、自分の考えやスタンスを

協調する傾向があります。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたは自由に対する思いが12星座1です。

その自由になる考え方や喜びを

人々と分かち合うことで自信がついてきます。

人とどう付き合うかを意識せず、その関係の

自然な成り行きに任せてみてはいかがでしょうか。

他人を信頼し、楽観的な態度でいることで道は開け

自尊心が育まれていきます。




金星がやぎ座にある人

あなたは秩序を重んじるばかり、ついつい仕切りやを

買って出てしまうことがあります。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

社会的地位を手に入れるための能力を

あなたは確実に持っています。

それはあなたの社会性ともいうべき

世の中を見渡す才能です。

あなたの考えや感じたことを率直にひとと分かち合うことで

人々が育っていき、

あなたの自尊心は育まれていきます♪





金星がみずがめ座にある人

あなたはいつでもワクワクすることが大好きです。

けれども、刺激と興奮を求めるあまり、

あなたが本来持っている

物事を客観的にみて、ありのまま優しく受け止める資質が発揮できなくなる可能性があるので要注意。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたが本来持っている、人々に

分け隔てない愛情を、目の前の人に向けることが

有意義な人生の第一歩です。





金星がうお座にある人

あなたは生まれつきとても優しい人です。

けれども、このやさしさや慈愛の心を

他人に見せずにいると、あなたは自尊心を

持つことはできません。


【どうやって、自分の金星星座を生かすのか】

あなたは生まれつき無償の愛が備わっていて、

どんな時でも、どんな相手でも

優しく接する能力があります。

慈愛に満ちたものの見方を他人と分かち合うことにより、、

ゆるぎない自尊心を築けるようになっていきます。



いかがでしたか?

ちなみに、私は金星がいて座です(^O^)


自分への信頼のステップ、

少しずつ育むことで、振り向けばゆるぎない信念になってます♪

ご自身の金星星座をうまく使ってみてくださいね~(^^)





torche 月と太陽のしずく

クリエーターHirokoのオフィシャルサイト。クリエイティブ占星術をはじめ 宇宙とあなたをつなぐ天然石アクセサリーの制作、販売を承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000